FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高レート2005 zサンドパン軸

色キュウコン色サンドパン373.pngレヒレ233.png色ガラガラ






シングルのシーズン1で2000を(一瞬)達成したptです。
青統一()

 あっさり2000にのっけることができましたが、岩石ガルーラ、メガゲンガーの増加等の環境の変化に対応できず、悲惨な最終レートになってしまいました。
 何が強く、どんな環境になるかわからないなかで組んだptで2000達成できたのはまあよかったです。




pt紹介

キュウコン@粘度 雪降らし
179-×-97-98-120-177
吹雪 フリドラ アンコ オーロラベール

C個体値 2 4
弱いはずのないポケモン
HSで運用したが、ベールとアンコがメインウェポンなので火力不足と感じることはなかった
HPが1でも残っていれば仕事ができるため、意外と丁寧に扱った方がいいポケモン


サンドパン@コオリZ 雪かき
151-160-144-×-86-113
つらら落とし アイへ 地震 剣舞
意地ASベースでSを霰下準速スカーフサザンドラ抜きで残りB

自慢のZサンドパン
シーズン序盤に、サンドパンはキュウコン入りに当然入ってくるものだと思っていたのが採用理由(実際レートで見かけることはほぼなかった)
珠サンドパンは、交代際に剣舞を積んでもテッカグヤを突破できず、選出の機会が全くなかったが、Zを持たすことによってカグヤ入りにも出すことができるようになった (+2 Z技でH振りカグヤを確定、HBは低乱数)
Bに割くことでガブの地震の乱数が多少変わるが、役立った場面はあまりなかった
霰ターンが5ターンしかなく、全抜きすることはできないので、物理受けを無理矢理突破するのが役目。


ボーマンダ@ナイト 威嚇
197-165-150-×-154-60(メガ時)
捨て身 地震 羽 竜舞 

Sを準速テテフ抜き残りHとD

ちょっと早い慎重HDマンダ
初手キュウコン読みででてくるコケコ、鋼、ゲンガー等にある程度強く出れるため、初手によくだした
また、壁下での耐久はすさまじく、キュウコンやテテフでさえ起点にできる
カグヤをサンドパンで倒す動きが決まればまず止まらないポケモン


ポリゴン2@輝石 ダウンロード
244-×-111-163-124-81
トラアタ 10万 シャドボ トリル

HCトリルポリ2
自己再生を採用していたが、あまりに打たなかったのでトリルに変更した
ガラガラと合わせて選出する
どくどくがめっちゃ欲しかったがどの技も使用機会が多くきれなかった


ガラガラ@太い骨 ちからもち
167-145-130-×-101-65
フレドラ シャドーボーン ニトチャ エッジ

トリル下でマンダ後出しにも勝てるようAに振り切った
ニトチャは身代わりでトリルターンを稼いでくるカグヤに対して有用
HBポリ2にはどう頑張っても勝てないのが悲しい


カプ・レヒレ@カプZ ミストフィールド
175-×-160-137-150-107
波乗り ムンフォ 自然の怒り 黒い霧

マンムーがどうしようもなく重かったのと、イーブイにぼこぼこにされたので採用
バトンパにはイージーウィンができるほか、初手でZ技+αで一体持っていければ、マンダやガラガラが通しやすくなる。
回復が全くできないので意外とすぐ死んでしまう



表選出が、マンダキュウコン@1、通りが悪かったらマンダorレヒレ+ポリ2ガラガラ
表選出はパル、裏選出はポリ2で完全に詰んでいるため、かなり窮屈でした


重いポケモン

オニゴーリ、カグヤ、以上



来シーズンからは、カバルドン、バンギラス、スイクンといったサンドパンの天敵が環境に現れますが、こいつらにはレヒレが強いので、バンク解禁後もサンドパンには可能性があると感じています(感じていない)


来シーズンも頑張ります

season1.jpg

【s15シングル2017】 ギミック無しマンマンバシャナット

今回初投稿させて頂く、ばやです。

目標であったレート2000を達成したので記事にしました。

ptを組んだ経緯としては、1950くらいから200ほど溶かした時に、取り敢えず勝てるptを模索した結果、マンマン構築に至った、というだけです。1850くらいまでいければいいなと思ったので、ギミックは全くなく(ステロまいて全抜きするくらい)、ただ相性互換のよいポケモンで組んだら、2000いけちゃいました。

IMG_2633[1]


〈パーティ紹介〉

採用順です。

ボーマンダ@ボーマンダナイト
恩返し 羽休め 竜の舞 身代わり

http://blog.livedoor.jp/wettendass/archives/1020909791.html

調整は↑をそのまま使わせていただいた。
構築のエース。
慎重マンダなるものが流行っているが、物理相手に調整が腐るのが嫌なので意地にした。
最後の詰めとして非常に優秀な駒であり、ステロと合わせることで抜群の抜き性能を発揮した。
クレセスイクンを突破できて楽しかった。


マンムー@とつげきチョッキ
地震 つららばり 氷の礫 地割れ
意地ADベース
191-193-100-×-112-101

相性互換が良いらしいので適当に突っ込んだ。
サイクル系相手には適当に地割れで崩壊させていた。
ガルーラに弱いため選出率は低め。


ナットレイ@ゴツメ
ジャイロ 種ガン 宿り木 ステロ
呑気HBベース
181-118-198-×-136-22

物理受け兼フェアリー受け。
ボーマンダのメインウェポンが恩返しで、火力が足りなそうだなーと思ったのでステロ採用。
個人的には基本的に攻撃技はジャイロで良く、草技を打つ相手は、スイクン、水ロトム、カバ位なので種ガンで良いかなと思っている。


水ロトム@こだわりスカーフ
10万 ボルチェン ドロポン トリック
控えめCSベース
135-×-128-160-129-138

アローが重かったので採用。取り敢えず先発に出してた。
当初は火ロトムだったが、ゲッコウガが重かったので水ロトムに。
火力はh振りメガゲンや無振りガブリアスがドロポン2発で飛ぶほどであり、意外と馬鹿にならないものだった。
多くのポケモンを上から2発で縛ることができ、とても使い勝手がよく、ロトムというポケモンのイメージが大きく変わった。


バシャーモ@バシャーモナイト
大文字 飛び膝 めざ氷 守る
うっかりやACS振り
メガ前155-160-90-176-81-114
メガ後155-200-100-198-90-134(A30の妥協個体)

S メガ後1加速で130族抜き
裏メガ枠。
鋼ポケモンに強ければ何でも良かったが、ナットレイと優秀な並びをつくれるバシャを採用。
物理でも良かったが、ガルドとの択ゲーを嫌って特殊。(大文字でH252ガルドに25%の乱数な模様)
使ってみて、フレドラを非採用のため、場持ちが滅茶苦茶良く、クレセバック等に怯えずに炎技を打てる点が優秀。
また、ステロを巻いておくことで、バシャをマンダやカイリューで見ているパーティを全壊でき、実際にこのバシャで三縦した試合もある(無論、1900台ですらマンダやカイリュー入りは殆ど見なかったが)。
物理と同等に強いが、大文字、飛び膝を使う以上最後まで負け筋を引く可能性があるのは特殊特有の弱みだと感じた。
いつか単体考察を書くかも。


サザンドラ@命の珠
悪波 流星群 大文字 挑発
臆病CS
167-×-110-177-111-165

上記の五体だと、トリル貼られてクチートを出されるだけで終わりそうなので、挑発持ちであり、クチートをはじめとするトリル下のアタッカーに強そうなサザンドラを採用。
pt通してクチート、ヘラクロスが刺さっていて、大体選出された。また、挑発を打った時点で炎技を切ってると思われることが多く、トリル構築に対しては大体イージーウィンできた。
その他カバルカ構築にも選出したが、基本的にガルスタンばっかなので選出はほぼせず。


きつい相手は、何よりも受けルです。マッチングした時点で台パンものです。


以上で紹介を終わります。今回は弱いと言われているサイクル系のptで潜りましたが、可能性を感じました。
来シーズン以降は2100を達成したいです。
また、何よりも文章力をつける必要があると感じました()

Appendix

プロフィール

ばや

Author:ばや
シングルレートをやる人

ガルーラが苦手(自分が使うと滅茶弱だから)

ツイッター:https://twitter.com/bayabaya_n

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。